COD測定器

COD Checker (CODcr)

コードNo. : TSCOD-Direct COD
COD Checker TSCOD-Direct_02 COD Checker TSCOD-Direct_03

商品の特徴

  • 重クロム酸法による高精度のCOD測定器です。
  • サンプル中の有機物を酸化分解するときに必要な重クロム酸カリウム剤の量を、酸素量に換算して測定します。
  • 操作はチューブ(バイアル)にサンプルを追加→加熱分解→フォトメータ測定、の3ステップ。
    1. あらかじめ重クロム酸試薬の入ったチューブに必要量のサンプルを注入します。
    2. チューブをサーモリアクターで150℃で2時間加熱分解。
    3. 冷却されたチューブをフォトメータ(吸光光度計)で測定。
  • 試薬入りチューブは0~150/1500/15000 mg/L(O2)の3レンジからお選びいただけます。0~150/1500 mg/Lの2つはISO 15705:2002に準拠。各レンジ25本1セットとなります。
  • フォトメータはISO15705:2002規格に沿った吸光光度方式を採用。
  • 0~15000 mg/Lまで対応、内臓チャンバーは防水仕様、自動電源オフ機能付き。
  • フォトメータ+試薬入りチューブセット、またはサーモリアクター(TSRD-125)も付けたフルセットでもお求めいただけます。
  • 工業排水、農業・水産業施設、研究・実験、そのほか様々な水質調査にお使いいただけます。Lovibond製。

表示アイコンと記号について

仕様

COD
測定方法 重クロム酸法、吸光光度法(ISO15705:2002に準拠)
光源 LED:605/430nm(温度補償付き)
測定範囲 0~150 / 1500 / 15000 mg/L O2
測定精度 ±3.5%
(フタル酸水素カリウム標準液使用において)
校正 校正済み(ユーザー校正/リセット可)
使用環境 0~40℃、30~90%RH以下
電源 9 Vバッテリx1 (電池寿命約40時間)
寸法・質量 フォトメータ:H55 x W110 x L190 mm (400g)
チューブ:φ16 mm
付属品 フォトメータx1
試薬入りチューブ(お客様ご注文分)
チューブスタンド
9Vバッテリx1
取扱説明書x1